FC2ブログ

ぐだぐだ日記

全心~全天候型自力稼動心日誌★乙女、戦国B・M、一般系ゲーム、漫画、TV等の感想とか日々の事とか。ネタばれ上等主義なのでご注意を。

とうとう中島敦に

手を出してる今日この頃…

本屋をうろうろする事が多くなった(といっても40分位の間ですが)のですが
子供の本を色々見ててふと目に入ったのが
幽霊塔by江戸川乱歩。

口絵が宮崎駿って…!

口絵だけではなく、中に数枚、ジブリの森の展示で使われた
らしい創作みたいなのも入っていた。
ざっくり書くと、氏が幽霊塔について熱く語っている…(^^)
その上コンテまできっている(^^;

それでも「映画は作りません」と書いてらしたが
いやいやこれ、あるんじゃない?
NHKの特集で、CGに挑戦したとかどうとか
結局長編やりたいみたいな意思表示が見えたとかどうとか
触れてたような気がするんだけど。

江戸川乱歩については
個人的には、小学校の図書室にやたらシリーズが置いてあって、
またその表紙絵の怪しさに、イマイチ触手がのびなかった記憶が…
周りには人気ありましたが。

そうですよ宮崎駿の絵に惹かれましたよ…
でもこれを機に読んでみる。

こんなのご存じですか

密かに話題になっている絵本。

ダース・ヴェイダーとルーク(4才)ダース・ヴェイダーとルーク(4才)
(2012/05/28)
ジェフリー・ブラウン

商品詳細を見る


コントみたいなIFものですが
なんかあの映画の雰囲気とは別に、なんだかほのぼの!

といっても実はあの映画、自分はまともに見たことないので
元ネタもうろ覚えだったりするんですが…
(同様の作品に「宇宙戦@ヤマ@」がある。)

でもなんだかこういうパロ作品は好感がもてる。
パパはウルト@マンシリーズもなんとなく好きだった。

で最新作に、レイア姫との話もあるんだが
この二人親子だったんすか…?

男の子のルークとは違って、姫バージョンは思春期になるまで
描かれてるみたいだが、娘のきすしーんにえびぞりで

やめろうううううううううう…!

の絶叫シーンにえらくうけました。

やっぱ女の子の父親って…大変なんですね(笑)

そういやちょうなんと同じ組の、女の子のお父さん、
もう「パパはイヤ」と言われてるとか…

えいえんのぜろ

読書というカテゴリー作っておきながら、あまり本格的に読書してなかったり。
今に限った事ではなく、前から、新聞の批評読んで
読んだ気になる読書みたいなのやってました。

最近やっとちょこちょこ読むようになったんですが
この「永遠のゼロ」つう本は分厚くて、一見読みきれるのか…?
と思ったんですが、
意外と半分過ぎた頃からはすんなり読めました。

最初はないとすくーぷの構成作家の人の話って
どんなんだろうというのと、
新聞広告に惹かれてみてみたんですが。



記者の姉と、ニートの弟。
ある日、2人の祖父は血の繋がりは無く、本当の祖父は
戦争で特攻に行き亡くなったという事を知った姉が
記事にする為に、弟に協力を求め
祖父の足跡を辿るべく、いろんな「戦争の生き残り」の人に話を
聞いていくという話。


続きます>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

続きを読む ≫

ぷりんせすとよとみ

大阪という都市は、一番近い本州地域という事で
TVも大阪局のがほとんど入るという我が地域では
親しみやすいところ。

ちょっと前、と言ってもももう10年くらい前までは
天保山行きの高速艇(…といっても他地域の方には何じゃそりゃだと思うけども
要するに小型船で、港往復する便があったわけです)
で、けっこう頻繁に大阪に行っていました。

まあこの高速艇、当然海を走る訳で、波が高い時はジェットコースター状態だったり
天候次第で頻繁に欠航になって、行った先で唖然とさせられた事も何度かありましたがね…
高速バスが主流になるまでは、少人数で大阪に行く一番便利な乗り物でした。

そんなこんなで大阪は都会であっても馴染み深い感じがします。
地下鉄も分かりやすいし、地下路線図も分かりやすい方。
1回友人3人ででぜにーらんどへ行った時の東京の地下鉄構内入った時といったら
ここは巧妙に仕組まれた迷路か!?思うくらい分かりにくかった…
地下鉄の構内だけでも歩き回って疲れたという、田舎もんらしい話。


んで「ぷりんせす・とよとみ」ですよ。
作者は万城目学。
鴨川ホルモー(京都)鹿男あをによし(奈良)に続いて
近畿三部作(?)満を侍して登場したのが、
この作者出身地の大阪舞台の本です。
タイトルからして前から何となく気になっていたんですが
映画化決定という事で読んでみました。

以下ねたばれ上等>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

続きを読む ≫

更に感想文

【日本人の知らない日本語】蛇蔵&海野凪子著

【天ぷらにソースをかけますか?~ニッポン食文化の境界線】野瀬泰申著
先月読んだんだけど移転云々でそのままになってました
ので一つ感想を。

【日本人の知らない日本語】
朝のワイドショーに取り上げられた為、その日の尼損では入荷待ちに
なってたという…

続きを読む ≫

Home

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

フリーエリア

【拍手】※コメントがはじかれる場合もこちらからどうぞ↓

banner


どうしても貼りたかった…

banner banner


home↓

banner

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク