FC2ブログ

ぐだぐだ日記

全心~全天候型自力稼動心日誌★乙女、戦国B・M、一般系ゲーム、漫画、TV等の感想とか日々の事とか。ネタばれ上等主義なのでご注意を。

悪役令嬢という

カテゴリー出来てる…!

元々一般〜男性向けより?で、異世界転生ものがお馴染みになってますが
これの女性向けが悪役令嬢に転生しちゃった系漫画。

ふと気付いたら既に、似た話…というか導入部が同じ、
ゲームの悪役令嬢(アンジェでいうロザリア的な)に転生していて、
既に知ってるバッドエンドを回避すべく奔走する、という
女性向け転生ものが一杯出てる…!

バッドエンドを回避する方法も、
わざと婚約者に嫌われ婚約解消してもらう(1番よく見るパターン)、意地悪していた(らしい)相手と
仲良くなったりだとか、一般市民を救ったりとか畑耕したりとか(笑)色々。
で、いつのまにかすんごい良い人に!

で、そんな良い子を周りの人もほっとかない訳で…(笑)
この辺は御都合主義が働いてるかもしれんが、
気づいたら一杯読んでた!え、何これ、自分はまっちゃってるの?

異世界(と言っても悪役令嬢シリーズに表される様に、女性ものの転生世界はほぼアンジェのような
ゲーム世界)転生ものが流行ってそれに派生するかのように、
転生しない普通にファンタジーっていうのも出てきた(笑)

「虫かぶり姫」や「(仮)花嫁のやんごとなき事情」は普通にファンタジー世界。
やっぱ基本主人公は良い子。天然。
この2つは画力とか見せ方も突出してるというか綺麗です。
「復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠を貪る」
というやたら長いタイトルの作品は転生じゃなくて召喚された系ですが
(もう何が何だか…( ̄▽ ̄;)これも絵が綺麗だし、謎が多くて楽しい。

ノベルが原作で、コミカライズされた物が多いようで。
何にせよ楽しみが増えたよ。

そして指折り数えて待ってる、
「涙雨とセレナーデ」続刊いつよと思ってたら7月か…!
これも謎多しで面白いんですが。

進撃28巻

待ちに待ってた感が。
もう情熱大陸でも、どう終わらせるかになってきたっぽい事を言ってたし、
ラストに向かってるんだな〜と…

しかし!

今回も読んでて心が…痛みまくり…

全力でネタバレたいので隠します。
⬇︎

続きを読む ≫

犯沢さん…(ホロリ)

3巻出てましたねい!
コンビニで楽しげな帯巻かれて鎮座されていたけど
Rentaで見てる自分…

なんか犯沢さんって、コナン見ててうっすら疑問に感じる事を
ギャグ風味で解説してくれてるような…
なんかスッキリ!

キッドが出ると死人が出ないとか( ̄▽ ̄;)
米花町あの手この手で人口流出しないように…
蘭ちゃん…。(無表情)

そしてだんだん、犯沢さんが狙ってるターゲットが誰なのか
わかってきたような…

今回はオマケであの安室もでてる…!

しかしこれ読むと普段のコナンで黒ずくめ出ると
可笑しくなってしまうのですがね!

キンニャモニャ音頭?が強烈でおかしすぎる!
歌詞が…!
ぱりぴ、儲かるのね…(米花町に限る)

さあ、4巻では犯沢さんは初志貫徹できる…のか !?

はいからさん新装版読破〜

最近ラインナップにあって、安ければRentaで読む事が多い。
容量が負担にならずに読めるから〜
でも時々通信状況が悪くなったら動かなくなったりするんだがね…

大和和紀先生というと、
自分が初めて読んだのが「アラミス78」ですよ…
自分の大和和紀先生のイメージってこれだったのですよ。
子供みたいな女教師に髭の学生。何これ!でしたよ。
とにかくはちゃめちゃな漫画ね。
同じ方が後に、あさきゆめみし描くとは夢にも(オイ)
まあ元々歴史お好きだったみたいですけども。

後所々、当時の先生の趣味みたいなのが垣間見えて
そっちが気になる(笑)

これははいからさんもそうでしたな。
凄いキャラも出てくるし。酒乱童子とか…つめ子…牢名主…;;;
酒乱童子とかはストーリーに関係しないしギャグの一部だろうと思ってたら、
キャラ紹介にしっかり出てるのでまたびっくり。
あれかな、手塚先生のヒョウタンツギとか
赤塚先生のケムンパスとか、あんな立ち位置なんだろうか…

まあ今の大和先生はビックリする程まじめな展開の(失礼だな)
作品ばかりなんで、時代と若さ(…)がなせる技だったのかな?


とりあえずもう既に文庫化、しかも2017年に完全アニメ映画化という
事で、新装版が出てる!
持ってるポイントで全巻読めそうなので読み始めたら
まあ〜やっぱ文庫版&昔の漫画だから読むの時間かかる!
ちょと待って、今のはどういう?ってまた前ページ戻ったりして
こういうの今の漫画じゃあんまないよ。
そうこうしてると、目の焦点が〜…ああ。

そしてだいぶ時間食っていました……………( ̄O ̄;)

前にも書いたけどきっちり読むのは初めてで
先にアニメ映画前編を観たんだけど
割と先入観なしめで(笑)読むことができました。

いかんせん自分がもう大人だからか、
最初の方の紅緒って奔放というか子供というか…
後先ない行動で、少尉を苦境に立たせたのは間違いないですし。
そういう風に思えたんですが後の展開、ことに
少尉が死んだとの一報で髪を切って、いや、少尉は戻ってくる、
それまでは自分が伊集院家を守る!と覚悟する辺り…
いや〜かっこいい!と思いました。

後で伊集院家の財政が既に破綻していて
全然紅緒の手にはおえてなかった、というのが判るが(笑)

編集長のが男らしいとは思いましたよ。
ネーミングは1番好き。冬の星と書いてとうせい!かっこいい!
作者自身が少尉はラリサに洗脳されたとか書いてたけど
(途中で思い出したなら早く紅緒に伝えてあげて少尉…^_^;)

しかし編集長、番外編によると一生独身(その上コブ付き)な上、若死って…

黒い狼軍曹は紅緒好きなのかと思ったけどあっさり諦めてるね…
環とくっつくみたいだけど、彼の場合、番外編が…
悲しすぎる…
幸せになってくれて良かった。

先に、なんで今再アニメ化?って書いたけど
色々見てたら大和先生の画業50年記念とかなんとか…!
今70代…!?
最近まで連載されてたとは凄い。

あの最初のアニメ、実は黒歴史だったとか。
本当はまだ放送する予定だったが(連載終了後のアニメ化みたいだし)
オリンピック(モスクワ?)中継の予定が入り
後10回ある所を3回でまとめなくてはいけなくなり、
スタッフが、アニメにノータッチだった大和先生に相談までしたそうで…( ̄O ̄;)

流石に原作者といえどどうとも出来ず、結局中途半端なところでアニメは終わり。
まだ当時は二期とるとか難しかったんでしょうね。アニメ枠。

以来、その一件で再アニメ化、というのは見送られ続けてきたようで…
アニメ会社はずっと責任感じてたみたいだが。
途中あさきゆめみしのアニメ化、という話あったけど
実際に放送されたのはパチモンみたいな…
(おそらく、はいからさんアニメ打ち切りが災いしてると噂されているらしい。)

ほんで今回はその大和先生の画業50年という記念からか
ようやく恩赦が出たのかな(^-^;
そんな経緯…!?

個人的には原作ラストまで読んで、
クライマックス…
ああ、だから今再アニメ化なのか…と思えたのですが。
逃げ恥の海野先生もコメントしてらしたね。
(新装版では海野先生の寄稿した紅緒も見られる。)

さあ、次はイシュタルの娘読んでみようかな〜
と、思ったが宝島だかのムック本で、
コミックスに収録されてない番外編が載ってて、しかも
「ずっと好きでしたよ、前からね」を証明するかのように
子供の頃の紅緒と少尉が出てくるって情報を仕入れてしまって悩んでる。

進撃26巻…

初めてiBookで予約注文してみた。
いや〜待ちきれない日々が続いた。

報復が報復を呼ぶ展開…

いや〜思えば、エレン達が初めて海にたどり着いた20巻?でしたっけ
この辺りからの展開は見てて心が痛む事が多かったんですが
その中でも3年間の真実が明かされるあたり。

そしてその真実がどうであれ、
初めて巨人に遭遇した時と同じ目にあうガビの
憎しみは荒ぶり…

また大事な仲間が1人…

えええええええ〜!マジか!

ガビは昔のエレンそっくりな存在だと思うんですが
あれですかね、最後エレンに一差しするのガビだったりするんですかね。

そしてあのジークの行動…!
ええー!お前そうなんかい!
オニャンポコン?って本名なんですかね…

そして壁に潜む、恐ろしい計画…
うおおまだまだ気になりすぎる事が〜
パラディン島ってほとんど、鎖国時代の日本みたいですね。

HomeNext ≫

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

フリーエリア

【拍手】※コメントがはじかれる場合もこちらからどうぞ↓

banner


どうしても貼りたかった…

banner banner


home↓

banner

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク